公開シンポジウム 「地域の記憶と記録を今に活かす ― 地域文化資源デジタルアーカイブの役割 ―」

2017年10月23日

公開シンポジウム 「地域の記憶と記録を今に活かす ― 地域文化資源デジタルアーカイブの役割 ―」

2017年10月23日
東京文化資源会議

1.趣旨

東京文化資源会議では、谷中・根津・千駄木地域を対象にした、デジタルアーカイブ・プロジェクトを進めてきました。これは、具体的な地域文化資源をあつかうことを通じて、デジタルアーカイブのモデルを構築する試みです。本シンポジウムでは、このプロジェクトの中間報告を行なうとともに、今後の可能性を探ります。デジタル化した文化資源をいかに活用するのか、そしていかに各地域の文化資源をつなげて全国的なネットワークを形成するのか。デジタルアーカイブ学会(JSDA)、デジタルアーカイブ推進コンソーシアム(DAPCON)の協力を得て、産学民の連携のもとでの可能性と課題を論議します。

2.主催

東京文化資源会議(TCha)
後援:デジタルアーカイブ学会(JSDA)
協力:デジタルアーカイブ推進コンソーシアム(DAPCON)

3.日時・場所

2017年11月24日(金)午後4時~6時半
東京大学ダイワユビキタス学術研究館 ダイワハウス石橋信夫記念ホール

4.構成

  1. 基調講演「東日本大震災デジタルアーカイブからまなぶ地域アーカイブの課題」
    坂井知志 常磐大学教授(JSDAコミュニティアーカイブ部会長)(20分)
  2. 報告①「谷根千デジタルアーカイブの概要と考え方」(20分)
    宮本隆史 東京大学特任助教(TCha地域文化資源デジタルアーカイブPT・プロジェクトマネージャー)
  3. 報告②「DAPCONの取り組みと地方デジタルアーカイブ構築・運営支援」(20分)
    長丁光則 デジタルアーカイブ推進コンソーシアム事務局長
    <休憩>(10分)
  4. パネルディスカッション「地域文化資源活用にデジタルアーカイブをどう活かすか」(80分)
    <パネリスト>(敬称略)
    長坂俊成(立教大学教授)
    水島久光(東海大学教授)
    宮本聖二(ヤフー㈱映像エグゼクティブ・プロデューサー)
    森まゆみ(作家)
    柳与志夫(東京大学特任教授):司会

5.参加方法

  1. 参加費は無料です。
  2. 参加申し込みは申し込みフォーム(終了しました)からお願いいたします。
    * 125名の定員が埋まりしだい受付を締め切らせていただきます。