第一回トークセッション「帝都物語からみる江戸・東京の風水」開催

2018年06月01日

地図からみる帝都物語と東京文化資源区
第一回トークセッション「帝都物語からみる江戸・東京の風水」

東京文化資源会議と三区文化資源地図協議会では、2018年6月11日(月)18時30分より、神田明神祭務所地下ホールにて、地図からみる帝都物語と東京文化資源区第一回トークセッション「帝都物語からみる江戸・東京の風水」を開催いたします。

昭和六〇年に発表された作家荒俣宏氏のデビュー作「帝都物語」では、帝都東京に安全な近代都市を築こうとする人々と、地霊平将門の力を借りた帝都破壊の怨念の対立が、風水の思想を基軸としながら、幕末から近未来(昭和七三年)までが描かれています。地図アーカイブの構築に取り組む、三区文化資源地図協議会(千代田・文京都・台東・東京文化資源会議)では、帝都物語の世界を介し、東京都心北東部の都市の形成の要所と特徴を読み解く、地図カタログの作成に取り組んでいます。
第一回目のトークセッションでは、荒俣宏氏と、平将門を祀る社として物語の核となる神田明神の清水祥彦権宮司をお迎えし、それぞれの時代の地図から、都市の発展あるいは崩壊を促す、そして帝都物語の世界の創造につながる江戸東京の風水について語っていただきます。

登壇者:荒俣宏・清水祥彦(神田明神権宮司)
司会・解説:真鍋陸太郎(東京文化資源会議/東京大学)・片桐由希子(同/首都大学東京)
日時:2018年6月11日(月) 18時30分〜 (18時開場)
会場:神田明神祭務所地下ホール(東京都千代田区外神田2-16-2)
主催:東京文化資源会議(地図ファブ)・三区文化資源地図協議会
協力:神田明神
参加費:無料 (定員130名 先着順)
参加方法:下記フォームにてご登録ください。定員に達し次第締め切らせていただきます。 https://goo.gl/forms/nJdP33NWxdXK15N12
問合せ:東京文化資源会議 地図ファブプロジェクト(E-Mail tokyo.map.fab@tohbun.jp)