神田明神資料館特別展示「起源探訪のインターレスト〜シュタインズ・ゲートと秋葉原の歴史展〜」(東京文化資源会議協力企画)のお知らせ

2018年08月10日

東京文化資源会議・広域秋葉原作戦会議(座長:庄司昌彦国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授)が協力した、神田明神資料館特別展示「起源探訪のインターレスト〜シュタインズ・ゲートと秋葉原の歴史展〜」が8月10日(金)より開催されます(展示は8月31日まで)。
この展示は、アニメ「シュタインズ・ゲート」の世界と秋葉原の歴史とが同時に楽しめるもので、アニメと文化資源的解釈のコラボレーションはこれまでに類をみない画期的なものです。
展示期間中の、8月11日(土)にはアニメ聖地体験MR『複合現実のピルグリメイジ – Mixed Reality Pilgrimage -』の限定展示を、また8月12日(日)にはトークイベント「起源探訪のインターレスト〜秋葉原の文化・地理・思想〜」を開催します。

シュタ・インズゲート ゼロ 公式ページより
http://steinsgate0-anime.com/newsdetail/674/

東京文化資源会議のこれまでの企画とは毛色の違う秋葉原PTの催しにぜひ足をお運びください。