第8回公開シンポジウム 「開かれた文化資源区―上野スクエアを構想する」

2018年08月20日

第8回公開シンポジウム 「開かれた文化資源区―上野スクエアを構想する」

2018年08月20日
東京文化資源会議

本イベントのチラシはこちら(PDF:5MB)。

1.趣旨

東京文化資源会議では、2015年4月の当会議発足当初から、東京文化資源区の特色ある各文化資源地域(上野の杜、谷根千、本郷、秋葉原等)の交差点的位置を占める一帯(湯島、上野広小路、御徒町、末広町等上野南部地域)の地理的重要性と豊富な文化資源の発掘・活用に着目してきた。
そのため、2016年4月に検討会を立上げ、その成果を2016年12月国立西洋美術館において、当会議主催の公開シンポジウムの場で「第一次上野スクエア構想」として公表した。それを受けて2017年5月に検討体制を拡大して発足した第二次検討委員会では、具体的な調査等も踏まえ、より詳細に、また地元関係者など別の視点からの議論も参照しながら、「第二次上野スクエア構想」を2018年9月にまとめることとなった。
本シンポジウムは、同構想の最初の公表の場となるものであり、広く公論に付すことによって、今後の具体的な取組の指針となる論議を展開したい。

2.主催

東京文化資源会議(TCha)

3.日時・場所

2018年10月1日(月)午後3時30分~5時50分
東京大学本郷キャンパス福武ホールラーニングシアター(B2)

4.プログラム

  1. 趣旨説明:伊藤滋 東京文化資源会議会長(10分)
  2. 第二次スクエア構想概要:小野道生・永野真義(上野スクエア構想PT/PM)(30分)
  3. パネルディスカッション「開かれた文化資源区:上野スクエアを活かす」
    <パネリスト>(敬称略、50音順)(1時間30分)
    • 今谷秀和(大丸松坂屋百貨店未来定番研究所所長)
    • 押見守康(湯島天満宮宮司)
    • 隈研吾(東京大学教授、建築家)
    • 中島直人(東京大学准教授、上野スクエア構想検討委員会座長):司会
    • 中村政人(東京芸術大学教授)
    • 吉見俊哉(東京大学教授)
  4. 質疑応答(10分)

5. 参加方法

  1. 参加費は無料です。
  2. 定員は150名です(定員に達し次第、受付を終了いたします。)。
  3. 申込みフォームよりお申込下さい。
  1. その他
    ①会場ホワイエで関連のパネル展示を行います。
    終了後午後6時から懇親会を行います(~7時頃)。会費3000円。 ※懇親会は定員に達しましたので受付を終了いたしました。
    ③関連企画として、関係者を対象とするラウンドテーブルを別日程で開催します。