お坊さんの修行

禅の修行の登竜門!臨済宗僧堂の入門試験「庭詰め」「旦過詰め」とは

禅宗のお坊さんの修行道場のことを「僧堂(そうどう)」といいます。

ここで数年間住み込みで修行生活をし、お坊さんとしての訓練を受けるのです。

職業訓練というのが適切かわかりませんが、いわばお坊さんの養成校です。

 

お坊さんの学校みたいなものなら、入学試験というか、入門試験があるのでしょうか??

 

あります。

かなり風変わりな試験ですが、確かにあります。

 

試験といっても、紙も鉛筆もいりません。

必要なのは、自分の身一つ。

そして忍耐力です。

 

「庭詰め」「旦過詰め」

これが臨済宗僧堂の登竜門です。

「にわづめ」「たんがづめ」と読みます。

 

臨済宗の全ての僧堂で行われているこの入門試験、僕もやる前は不安で眠れませんでした。

でも、終わった後の感想は、

「まあまあ、なんとかなるもんだな。」

でした。

 

この「庭詰め」「旦過詰め」とは、いったいどんな入門試験なのか。

徹底解説していきます!

玄関で半土下座!2日間の庭詰め

追い返されても居座り続ける!

最初に、僧堂用語を簡単に説明します。

  • 雲水(うんすい)・・・修行僧のこと
  • 新到(しんとう)・・・新人雲水のこと
  • 掛搭(かとう)・・・僧堂に入門すること

新人雲水は、僧堂にやってきたら、まず玄関の式台に掛搭願書を置き、手をついてそこに頭をつけ、

「たの~みま~しょ~~~~!!!」

と大声で叫びます。

↓こんな感じです。

すると、奥から先輩雲水が出てきて、

「声が小せぇ!」

みたいなことを怒鳴ります。

もう一度、さらに大声で、

「たの~~みま~~しょ~~~~!!!!」

 

また同じ雲水が、今度は

「ど~~~れ~~~~~」

と言いながら出てきます。

 

そこですかさず、覚えておいた口上を述べます。

「○○県○○市○○寺徒弟○○!当道場に掛搭いたしたく参りました。お取次ぎをお願いいたします。」

 

すると今度は、先ほどの怒鳴り声が嘘のようにすました声で、

「当道場は満衆につき、足元の明るいうちに他道場へおまわりください。」

とか言われます。

要は追っ払われるわけです。

 

実はこれ、お約束です。

「何月何日に掛搭するのでよろしくお願いいたします。」

「承知しました。お待ちしております。」

 

というやりとりが、ちゃんと事前に交わされています。

にもかかわらず、

「他をあたってくれ」

と言われちゃうんです。

 

これは僧堂の伝統で、追い払われても諦めない、修行への決意を試すという試験です。

お互いわかった上で、こんなお芝居じみたやりとりをするんですね…。

 

なので、

「よそへ行け」

と言われても、そのままの姿勢でひたすら居座り続けます。

 

2日間の庭詰めの始まりです。

庭詰め1日目

不自然な姿勢を崩さずに、何時間も耐え続けます。

腰は痛いし脚はしびれます。

顔を伏せているので何も見えません。

雲水たちがドタドタと動き回る音

怒鳴り声

突然始まる大音量のお経の大合唱

いったい何をやっているのか、音しか聞こえないので恐すぎます。

 

トイレの場所は最初に教えてもらえて、勝手に行ってOKです。

僕は人の気配がしなくなると、すぐトイレ行ってました( ´∀` )

 

食事の時間になると、庭詰めをしている場所で、どんぶり一杯の雑炊をいただけます。

 

夕方になると、「旦過寮(たんがりょう)」という3畳くらいの狭い部屋にあがらせてもらえます。

そこからは、就寝時間(9時ごろ)まで、その部屋でひたすら坐禅をします。

寝るときも、すきま風の吹き込むその部屋で不安な夜を明かします。

ちなみに風呂は入れません。

庭詰め2日目

2日目の朝、3時か4時ごろ、まだ暗い時間に先輩雲水が起こしに来ます。

朝の食事は他の先輩雲水たちと同席して頂きます。

初めて体験する僧堂の食事です。

ものすごいピリピリ感です。

 

食事が終わると、玄関の掃除をさせられます。

そして、

「お帰り下さい」

と、また追い払われます。

もちろんこれもお約束です。

そう言われてもまた、同じように玄関であの姿勢で居座ります。

あとは1日目と同じ。

ひたすら耐えます。

壁に向かってひたすら坐禅!3日間の旦過詰め

坐禅しかできない3日間

3日目の朝になると、「追い出し」がなくなります。

狭い旦過寮で、そのまま「旦過詰め」が始まります。

今度もシンプルです。

3日間、食事の時間と寝る時間以外はずーっと坐禅をしているだけです。

 

まともにやっていると、膝が壊れます!

 

3日間壁に向かって坐禅し続けていると、だんだん意識がもうろうとしてきて、壁のシミが人間の形になって動き出したりします。

旦過詰めを乗り切ると、ようやく一緒に修行する仲間として認められます。

つまり、入門試験合格です。

 

蛇足ですが、庭詰め・旦過詰めの5日間は、風呂には入れません。顔も洗えず髭も剃れません( ゚Д゚)

庭詰め・旦過詰めを乗り切るポイント

庭詰めは、トイレ休憩で乗り切る

とにかく身体が痛くなるので、

隙をみてトイレに行くようにします。

ちなみに、トイレの事を「東司(とうす)」といいます。

いちいち呼び方が違って面倒ですね…。

 

頭を伏せて視界が真っ暗なので、周りの様子を知るには聴覚に頼るしかありません。

僧堂の敷地は決して広くはないので、人の気配が消えるとすぐにわかります。

できるだけそういうタイミングをねらって、頻繁にトイレに行きます。

 

僧堂によっては、突然先輩雲水がやってきて、

「帰れ!」

みたいなことを言って無理やり追い立てることがありますが、これは実は、辛い姿勢から一時開放してくれるための方便です。

 

姿勢が不自然で身体が辛いですが、僕はその姿勢で寝てました。

顔を伏せているので、寝ててもバレませんでした笑

僕の2日後に来た同期も寝てましたが、こちらはいびきをかいてしまったので、バレてめちゃくちゃ怒られてましたが(;^_^

旦過詰めのコツは、うまく脚を開放させること

いくら修行とはいえ、慣れない坐禅を3日間し続けたら、

膝を壊します。

僕のいた僧堂でも、旦過詰めで無理をしすぎて

半月板損傷

した人や、

エコノミークラス症候群

になってしまった人がいました。

 

坐禅は禅宗の修行の根幹であるとはいえ、あまりにも生真面目に頑張りすぎると身体を壊してしまいます。

 

見つからないようにうまく脚を休ませることが必須です。

ポイントは

僧堂内の気配を察知すること

です。

 

一日のうちで、旦過寮のそばに誰もいなくなる時間が必ずあります。

たとえば、夕方日が暮れてからは皆別の場所で坐禅をしているので、シーンとして旦過寮の近くには誰もいません。

そういうときを狙って、足を伸ばしたり動かしたりして休憩します。

 

また、雲水衣の中で脚を組むので、外からは見えません。

なので、

ときどき衣の中で軽く脚を崩して休ませます。

もちろん人気のないときにです笑

ごくたま~に旦過寮をのぞきに来て、衣の上から脚を触って確かめに来る人がいるから注意が必要です!

 

もし万が一バレても、怒られるだけのことです。

右から左へ受け流せば、どうってことありません。

身体の方が大事です。

くそ真面目に頑張りすぎる必要は全くありません。

事前に身体を慣れさせる努力を忘れずに

ただし、掛搭する前に

  • 毎日ストレッチをして股関節を柔らかくしておく
  • 家で毎日少しの時間でも坐禅をして慣れておく

などの事前準備をしておくことは必須です。

サボタージュするのは、十分な準備をしておいた上でのことです。

まとめ

臨済宗僧堂の入門試験「庭詰め」と「旦過詰め」について解説しました。

乗り切るポイントは、

周りの気配を察知してうまく休憩する

ことです!

あまりにも真面目に取り組みすぎると、身体を壊す危険があるからです。

 

庭詰めは、

  • トイレ休憩をうまく利用する

旦過詰めは

  • 衣の中で脚を崩す
  • 近くに誰もいないときに脚を伸ばす

特に旦過詰めは、膝を壊す危険が高いので、うまくサボタージュして身体を守る必要があります。

 

もちろん、事前に身体を慣れさせる努力をして、準備しておくことは大前提です。

  • 毎日ストレッチをして股関節を柔らかくしておく
  • 家で毎日少しの時間でも坐禅をして慣れておく

 

以上、最後までお読みくださりありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です